中小企業診断士✕読書✕コミュニケーション で一日のいいところをみつけるブログ

100年人生を迎える時代、30代サラリーマン管理職が会社に依存しないための日々のスモールアクション、ビジネス情報をお伝えします。

正しい知識と正しい行動。それが正しい努力


f:id:s-itoito:20220628182404j:image

明日は健康診断。

去年までは数日前からなんとか昨年の数値を維持するよう付け焼刃的な体重コントロールをしていた。(夕飯食べなかったり夜走って汗かいて水分は最小限に抑えたり)

 

よく言う無駄な努力ってやつ。見せかけだけの体重維持に意味なんてないってことは100も承知だったけど。それでも太ってるって事実を認めたくなかった愚か者。

 

しかし今年は違う!

3月から始めた糖質管理ダイエットにより6キロくらいの減量にに成功している。

仮初めの努力なんて必要のない行動をしっかり踏んでいるのだ。

 

今日も食後の血糖値上昇を抑えるために食べてすぐに筋トレをした。

 

今までもダイエットをしてこなかったわけじゃない。でもそれはどうやら正しい努力ではなかった。

運動すれば痩せる、食事を我慢すれば痩せる。間違いじゃないけど正しくもない、かなり遠回りなダイエット。

 

正しい知識を持って適切な行動を取る。精神論的なうさぎ跳びが無意味と知った衝撃(という歳でもないけど)もういらない。

 

目指せあとマイナス5キロ。そうしたらBMI的にはベストになる。

 

引き続き正しい努力をしていきましょっ!

 

ということで明日も前向き気分で行きましょう。

 

全てをさらけ出す、それが整理整頓のコツだー!



整理整頓のコツ。

それは数を減らすことにあるんだけど、その数の減らし方にもコツがあるんだって、整理収納アドバイザーの友達に教えてもらったんだ。

コツとはズバリ、いっぺん全部出すこと!

例えば服なら服という服を部屋の真ん中に山積みする。そしてときめくものに厳選して取捨選択していく。

全部出すことのメリット

・絶対数がわかる

・グルーピングしやすい

・俯瞰(客観的)して見られる

総量がわかると、半分にしようとかそんな決意もしやすいんだって。確かにゴールの見えないマラソンって考えただけで地獄。

いざ整理をし終えたと思った矢先に思わぬところにしまって忘れてたものが出てきたらげんなりするし、とてもいいコツな気がする。

全部出すと部屋が偉いことになっちゃうから嫌でも片付けないといけなくなるしね。

断捨離にハマって結構捨てられた気でいるけど、絶対数は把握できていない気がするな。

全部出す、まずはそこからやってみよう。

ということで整理整頓して生産性を高めてハッピーな生活を送りましょう〜

会ってお酒を飲むって楽しいね


f:id:s-itoito:20220622231742j:image

リアルで飲むの楽しいねって話。

 

とあるセミナーに通ってて、概ね一年のカリキュラムのすべてがオンラインだった。

今日はセミナーの集大成ということで各チームの発表会があって、僕のチームはあえて会議室を取って集まって、その流れで飲みに行ったんだけどまぁ楽しかった。

 

いつも画面越し見る方々と会うってだけで楽しいし、その後お疲れ様って飲みに行ける。リアルの価値ってこういうところにある。

 

画面越しだと中々話せなり泥臭い話や距離感の近い話(今日あったのは結婚の挨拶を先方の両親にする)が酔と共に自然とできる。

んで距離感が近くなる。

 

前回の記事でオンライン飲み会のいいところを書いたけど、リアルとオンラインは長所が明確に違う。

どちらも使い分ければ楽しさも倍々に。

 

飲みにケーションって言うと急に胡散臭くなるけど、まぁそういうことなのかな。

 

何にせよ、楽しく飲むというのは最高です。

 

ちょっと飲みが浅いので帰宅後も飲んでしまいそうな水曜日の23時のことでした。

 

明日も前向き気分で行きましょう!

オンライン飲み会を久々にやってみたら


f:id:s-itoito:20220617173058j:image

昨日とっても久々にオンライン飲み会をやった。

 

あれあんまし得意じゃなくて避けてたんだけど、軽く酔っ払っている状態からのスタートだったからなかなか良かった。

 

というのも昨日は出張帰り新幹線内でビールとチューハイを飲み、家に着き風呂入って10時からのオンライン飲み会への参加。

僕のほかに3人いたんだけど、それぞれも別で1次会を済ませてからの参加だったようで、オンライン特有の微妙な時間というか空気のズレを感じ取れない程度にみんながちびっとフワフワしていた。

 

だから変な遠慮や牽制のしあいがなかったの。

 

よくよく考えたら最近友達とフォートナイトする機会も多く、複数でのオンラインコミュニケーションへの耐性がついたみたい。フォートナイトやりながら飲んでるし…

 

9時すぎに今から飲まへん??って家が近所でもハードル高いけど、それを可能にするカジュアルさがオンラインにはあるっぽい。

 

毛嫌いせずに使い分ければいいんだね。

 

ということで今宵もフォートナイトで友情を深めてまいります。

 

来週も前向き気分で行きましょう

運動会はお酒を飲むところじゃありません


f:id:s-itoito:20220615181946j:image

週末に息子の運動会があった。一年生、小学生として最初の運動会だ。

 

僕の子供のときは野球チームにはいってたこともあり、親と監督が集まり校庭でヤンヤヤンヤ宴会をしていた。

僕はそれがクソ恥ずかしくて嫌だった。でかい声で頑張れーって言われて注目されるし。足が遅くて活躍できないのも理由の1つだったかな。

 

当たり前だけど令和にはそんなに景色はどこにもなかった。息子が同じ苦しみを味合わなくていいと思うと少しイラッとする。

 

でもナイスな変化もあった。それはコロナ禍対策の1つなんだけど、学年ごとに項目をまとめてくれていたこと。

9時半から1年生のかけっこをやって、終わったらそのまま1年生のダンスだよ、そしたら1年生の出番は終了ですー。

みたいなかんじ。

 

子供の出番が集中する。だから親は無駄に長時間場所取りをする必要がなくなる。結果親たちは入れ替り制で密回避できる。

 

ギュウギュウのストレスも長時間拘束も他人の子供の退屈な出し物も見なくて済む。

 

たまにはいい仕事するじゃないかコロナさんよ。

 

1日工程だった運動会の応援が3時間行事に短縮され、好きな自転車をイジイジすることができましたとさ。

ナイスですね~

 

ということで明日も前向き気分で行きましょう!

 

お金の減らし方、知ってますか??

という本を読んだ。

タイトルって大事よね。お金の増やし方って書いてあったらたぶん買わなかった。

逆張り大切。

 

この本が伝えたいことがとてつもなくシンプルだったのでコンパクトにシェアする。

それは

 

自分の好きをしっかり把握すること

 

だ。

 

好きなモノがはっきりしているとそれにお金を回し、他の関心ないものにお金を使わなくなる。

結果必要なお金の量が見えて不必要にお金が欲しい、思わなくなる。必要なお金の量を減らせる事に繋がるのだ。

 

逆に自分の好きを理解できてない場合、いろんなモノに目移りして買っては捨て買っては捨て...俗に言う無駄遣いにはしる。

 

好きがはっきりしている場合、欲しいか欲しくないか。自分軸で買う買わないを判断できる。

 

一方好きが分からない場合他人軸での判断となる。

みんなが持っているから自分も買わないと、で欲しくもないものを買ったこと一度や二度じゃないよね。

 

ということで自分をしっかり知ろうってことをお金を材料に伝えてくれるのが本書の面白いところ。

 

人間というのは自分の事を案外知らないって事ですな。

 

では今週も前向き気分でいきましょう!

 

っていうのは??乱用キャンペーン


f:id:s-itoito:20220610181829j:image

っていうのは? が口癖になりそうだ。

 

これはもっと詳しく知りたいときの質問フレーズとして効果的なんだって。

 

オレ鍋が好きなんだよねぇー

鍋っていうのは

え、モツ鍋だよ

モツ鍋ねー、私もスキ!!

 

こんなかんじ。

 

っていうのは?

って割とカジュアルめな言葉なのがいいみたい。

具体的におしえて!?だとなんかビジネスっぽいし。

詳しく教えて!!は前のめり感強い…

 

もちろん使い分ければいいんだが、場がまだ温まってないうちは「っていうのは?」がよさそうだ。

 

こんな感じで言葉の細部にも気を配ることもコーチングでは重要なんだって。

言霊って言葉があるくらい、言葉1つで勇気づけたりくじかしたり。

 

ということで私只今コーチングスクールに通っております。毎週セミナーがあり忙しい反面気持ちが途切れないのもいい気がする。

 

ミッションは50人とコーチングすること! そんなに知り合いいるかしら…

 

只今4/50。

 

やって気づいたこと。っていうのは? は便利だぞ。

 

明日も前向き気分で行きましょう!

些細な変化に気付くためには

3カ月のダイエットを経て計5キロほどやせた。

裸で鏡の前にたったらテンションあがるんだけど、服を着た状態だと中々変化がわからない。

 

自分ですらそんな状態だから毎日顔を合わせている家族はもちろん、友人も会社の仲間もスルー、だったんだけど、とうとう1人のヒトに気付いてもらった。

 

「○○さん(僕の名前)痩せました??」って声をかけられたんだよね。

 

いやー小っ恥ずかしかったけど嬉しかった

。痩せるって変化の背景には努力があるわけで、その努力を認めてもらったみたいでさ。

 

なんでもその方体型にすごい敏感で、自分のことはもちろん他人のスタイルの変化をエライ感度でキャッチアップ出来るとのこと。

たぶんボクと一緒の自称万年ダイエッターなのだろう。

 

何が言いたいかというと自分の関心事は結構な確率で目に止まるってこと。例えば好きな異性の変化(髪切ったとか新しい服とか)やひいきにしているスポーツチームのスタメン、ベンチ選手の入れ替えとか。

 

好き嫌い別にしても「意識」すればその情報をキャッチアップできる。自分が欲しい情報を頭に浮かべてさえいればそうじゃないときに比べてグンと情報量が増えるというわけ。

 

あと、些細な変化に気付いてあげるということは信頼関係をつくる1つの方法になり得るってこと。

 

ということで好きな情報のインプットを増やしてより前向き気分でいきましょう。

 

ナイターゴルフはブルーオーシャンのひとつ


f:id:s-itoito:20220602220537j:image

人生初のナイターゴルフに行ってみた。

平日の18時からゴルフなんて正気の沙汰じゃないのでは、と思いつつのチャレンジだがやってみたら中々良い。

 

メリットはこんな感じ

・安い(食事なしで半額程度)

・組数が少なくサクサクいける

・道路が空いてる

・照明でボールもバッチリ見える

・涼しい

 

6時に始めれば10時過ぎには終わるしそこから1時間程度で帰れる。

飲みすぎた帰りよりも早く家につくくらいだ。

 

つまり安く快適にゴルフをやるにはもってこいってこと。

 

僕がゴルフにハマりきらない理由に値段が高くて拘束時間が長いというのがある。

 

その両方をケアしてくれるのがナイターゴルフってわけだ。

 

たくさんラウンドしたいヒトにはもってこいかもしれない。

 

なんにせよ、ヒトが選択しないことをチョイスすると得をするというスタンダードな話の1つ。俗に言うブルーオーシャンだ。

 

ナイターゴルフ、お試しあれ。

ルールを守る必要性

昨晩、「明日の登下校で○○市の小学生を襲う」という脅迫文が市に届いた。

そんな訳で今朝は子供を学校まで送っていくかみたいな会話からスタートした。

 

子供のためとはいえ、

正直本当に襲うならそんな脅迫文送らずにステルスキルするだろって疑っている冷静なボクと(だったら毎日危なくなっちゃうけど)、

貴重な朝の時間を小学校への往復に割きたくないボクと、

雨の中外に出たくないボクがいた。

 

住んでるマンションには息子と同じ1年生の子が2人いて、毎日3人で登校している。エントランスまでそれぞれの親もきて集合して見送るスタイル。

 

今日もいつものように集合した。したらそのうちの1人のママが今日は私が送っていきますー。と進言してきた。

しかしそんなパターンは想定範囲内だったボクは、車で3人送っていきますよ、雨だし車なら安全だし、と提案した。

 

そしたら「車での送迎は禁止されてるんですー」と断られてしまった。

ボクはあっけにとられてそうですか、じゃーお任せします、と見送り家に戻った。

 

この場合の断ったには3つのケースが考えられる。

➀ボクが信用出来ず、大切な子供を預けたくない。体の良い断り文句

②車での送迎禁止を愚直に守った

③自己犠牲する私っていい人でしょアピール

 

➀ならまだわかる。ボクも愛想良いほうではない。

だが②③だった正直終わってるなと思った。

 

一応緊急事態なわけじゃん、脅迫文が出てて。

その場合の最優先事項は何か、それは子供の安全を確保すること。

そこにルール厳守とかアピールって必要か??

 

ルールを守ることは大切だけど、ルールにとらわれて目的を見失うのはどうなのかな。これこそ俗に言う思考が止まった状態なのかな。

 

とまぁどうせ大丈夫っしょって思ってた自分の事は棚に上げて他人を批判するいつも通りのボクでございます。

 

ということで明日こそ爽やか前向き気分でいきましょう!

沈黙傾聴


f:id:s-itoito:20220526174850j:image

声を出さずに傾聴するというワークを行った。

声を出さないとはへー、とかふーん、なるほどー、え!?

みたいなのを表情だけでやるってこと。

 

どーゆーことかというと、

声をさないでも君の話めっちゃ興味あんねんけどを、伝えないといけない。

だからより相手の話をより聞くようになるし、表情も大きめに変化させる必要がでてくる。

そんな訓練とのこと。

 

僕も含めて男の人は相対的に表情が硬い、笑うの下手な人が多いからいいすごいワークだ。鍛えられる。笑顔の練習にもなる恥ずかしいとか言ってられない。

 

特にズームが市民権を得た今、表情はよりフォーカスされるようになってきた。

表情から相手に安心感を与えるというコミュニケーションのとり方はより重要になってくる。

ニッコリスマイルで緊張を解く、なんだかホストみたいなテクニックだけど持ってて損はないよね。

 

笑顔の練習、してみませんか??

 

ということで明日も前向き気分で行きましょう。

朝活するとやっぱり気分が最高だ

 

早起きして久しぶりにストトラ自転車にまたがった。

息子が小学生にあがったおかげで朝の家族の稼働時間が30分以上早まり、中々外に行くリズムを作れなかった。

 

やっぱりイイネ体を動かすのは。朝体を動かして軽く汗ばむと1日を爽やかにスタートできる。それはチャリのペダルですねを強打して悶絶していたとしてもゆるがない。(ゲロ吐くくらい痛かった)

 

オバマ大統領もクソ忙しい中、朝にトレーニングをしていたというくらいで、脳のポテンシャルを最大限働かせるためにも運動は必要なのは分かっている。分かっているけど眠いんもんね朝って。人間理屈では動かない。

 

そんな中でもダニエルやウィジャン(専門用語ばっかり)等々、中々上達しないものの少しずつ精度があがっていることを実感出来る。だからまたやろうかなって思えたりする。成長や成功体験が継続モチベーションに繋がるのだ。

 

そういう意味では、ダイエットも目に見えて体重減ると続くひといるんだろうなー。

 

高校時代、柔道68キロ級にギリ出られなかった記憶がある。今68.7キロ。高校時代を超えるまであと少し!!やったんねん、やってやるねんぼく。

 

ということで明日も前向き気分でいきましょう。

モノの値打ち、価値はひとそれぞれ

人生で初めて車を買った。大体230万の新車だ。

今までの車は妻の母親から譲ってもらったもので、乗り倒して方がきていた。
 
上の子が小学生になりふと、一緒に遊べるのもあと5.6年ということに気付いた。下の子もいるけど女の子だから離れてくのも早いだろう。
 
その5.6年を充実させるための手段として大きすぎないけど荷物の乗る快適なファミリーカーが欲しかったのだ。
 
車なんていらない、レンタカーやカーシェアで十分じゃないかという発想もある。
230万あればもっといい遊びができるという人もいるだろう。
逆にもっとどえらい車乗ればいいのに、という意見もあるかも知れない。
 
でも僕はファミリーカーを選択して、現在大満足中だ。
 
 
何が言いたいかというと物やお金の価値はひとそれぞれってこと。
闇雲にお金欲しいって言う人いるけど、そういう人は自分をよく知らないんだと思う。
自分が何が好きで何を欲しているのかが分ってくると、どの程度のお金があればいいかが見えてくる。
結果お金に固執する必要はなくなってくる。
(ブランド品や外車がすげー好き! とかなら必死に働かないといけないけどね。)
 
欲しいものを得る目的のための手段がお金であって、目的がお金を集めることにはならない、はずだ。
 
お金に振り回されないためにまずは自分の好きを見つめよう、そんなお話でした。
 
それでは明日も前向き気分でいきましょう!

フロッピーディスク使う人と付き合いたいか


f:id:s-itoito:20220519174101j:image

繁栄を築いた時代はあれどいつの間にか現役を退いたものは数しれず。

 

ゲームボーイワンダースワン

MDにステレオコンポ。

FOMAVodafone

セガサターンに64。

 

もちろん古いからいいものもある。

ヴィンテージジーンズやクラシックカー、クロモリロードなんかもそれにあたるよね。針を落として音楽聞くあれなんだっけ?? あれもそうだ。

 

でもさ、流石にフロッピーディスクはねーよ山口県阿武町さん。CDやDVDですら記録媒体として使われなくなりつつあるのに。

テレビでは誤入金された金を使い込んだ男の罪の重さが仕切りと報道されていて、なんでミスったのかは全く触れられていなかったけど、フロッピーディスク使ってるようなところに民間なら間違いなく仕事は頼まないよね。

 

ちなみにフロッピーディスクディスクの最大容量は1.44メガバイトとのこと。写真一枚も収まらないくらい。

 

クラウドとか同期とかキャッシュレスとか、きっとこれらは何かを召喚するための呪文なのかもしれない。

 

僕もそのうちサラマンダーあたりなら呼び出せるように明日からも前向きに精進します。

ペーパーレスで疑問を感じたことある人この指とまれ


f:id:s-itoito:20220518183416j:image

 

ペーパーレスの狭間についてって話。

 

交通手段はネット予約が可能になり格段に便利になった。

時間が押しても便を簡単に変えられるし、駅に向かいながらスマホひとつで席の指定までできる。ついつい飲みすぎてもへっちゃら。

 

なのにJR東日本の新幹線では改札通るときに必ず紙が出てくる、出発時刻や座席番号が書いてある紙が。すべてスマホに書いてあるにもかかわらず。

いらんやん。

 

ANAJALの搭乗手続きも一緒。

すべてオンラインで出来るくせになんかQRコードの書かれた紙が出てきてなくすなと言われる。

 

なんか中途半端だなぁ、大企業は難しいんだなぁなんて思っていたが身近にもそんな事例が。

 

僕の会社には懸賞論文制度ってのがあって、出して選ばれると10万円? かそこらがもらえ、うまくいくと仕事に反映されたりする。

選ばれなくても図書カードがもらえる、選考員の評価コメントを添えて。

 

とはいえそんな熱意のある社員ばかりではなく、仲良しの役員によるパワハラを受け何年かぶりに出したのだが(残念ながら不採用)、今年から図書カードも電子化されたようでメールでそのデータを受け取った。全国の書店で使えるらしい。

 

図書カードもデータ化されたのかぁ、論文担当者のカード郵送手間も減ったんだなぁと感心してたところに郵便物が届いた。開けてみたら選考員のコメントが印刷されたプリントが入っていた。

 

いやこれこそメールでいーじゃん、紙いらんよ。それともなに? 我々のありがたいコメントは紙で保存してろということですか? 謎すぎる。逆に仕事増やしちゃってるよ。

 

大したフィードバックも書いてなく、一度読んだ僕はさっとシュレッダーにかけた。

 

まだまだまっさらなデータ化は先のようですな。めげずに前向き気分で行きましょう。